部分矯正は短期間で治療を受けられる!|安価なのも魅力的

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

抜かずに残す治療

歯科

歯が完全になくなった場合はやむをえないことですが、やはり義歯や入れ歯というのは、デメリットもあります。できることなら、自分の歯を残しておく方が良いでしょう。虫歯なども根管治療を行なうことで、自分の歯をできる限り残すことができます。削って小さくなったとしても、根元が自分の歯であるかどうかでは異なります。例えばインプラントなら、そっくり根元もない状態なので、顎骨に義歯を定着させなければなりません。上手く定着しないケースもあります。また費用も高めです。入れ歯になると、外れたり、間に食べ物が挟まったりすることもあるでしょう。さらに手入れをしっかりしないと、入れ歯周辺の歯が虫歯になります。歯を抜かない根管治療では、定期的に歯を治療、メンテナンスして自分の歯を残すことが可能です。歯の状態を維持するなら、定期的にメンテナンスを行なうようにしましょう。最新機器や技術、実績を持った歯科を探すと、トラブルや負担が少なくなることもあります。技術や最新機器の利用で、痛みが少ない無痛治療や根管治療ができるので歯医者への恐怖や、治療中の負担も軽減することが可能です。実績や雰囲気、場所などから通いやすい歯医者を探すと良いでしょう。昨今の治療では歯を削る、抜く以外にも治療する方法がでています。まずはカウンセリングを受けて、どういった治療になるか相談してみてはいかがでしょうか。しっかり根管治療して生涯、自分の歯で食事を楽しみましょう。